映画『ダークナイト』レビュー

映画『ダークナイト』レビュー

2008年
監督・脚本:クリストファー・ノーラン

キャスト
ブルース・ウェイン(バットマン):クリスチャン・ベール
ジョーカー :ヒース・レジャー
ハービー・デント(トゥーフェイス):アーロン・エッカート
レイチェル・ドーズ :マギー・ギレンホール
アルフレッド・ペニーワース:マイケル・ケイン
ジェームズ・“ジム”・ゴードン:ゲイリー・オールドマン
ルーシャス・フォックス:モーガン・フリーマン

あらすじ

舞台はゴッサムシティ。
警部補となったジムやゴッサムの平和を願い、正義に燃えるハービー・デント地方検事の協力もあり、バットマンは街で起こる犯罪の撲滅の成果を上げつつあったが、白昼堂々とピエロのマスクをした強盗団が銀行強盗を行う。
しかし、ピエロたちは仲違いし、お互いに裏切りを始め乱闘に。最後の一人が金を奪い、スクールバスを使い、逃走。彼こそがジョーカーである。

そんな折、ウェイン産業では香港企業ラウ社との合弁事業を進めていた。実はこのラウ社の社長ラウは裏の顔を持つ犯罪者で、ブルースはラウ社の財政状況を知るために事業を進めていただけであった。
そんなラウは実はマフィアと繋がっており、マフィアはマネーロンダリングのために銀行を懐柔して資金を預けていたのだが、その預けた金がジョーカーに奪われた金だったため、資金繰りに窮していたためラウに相談を持ち掛けていた。
その会議の席に突如ジョーカーが現れる。
ジョーカーはマフィアにバットマンの命と引き換えにマフィアの資金の半分を要求したのだ。

マフィアは最終的にこの条件を呑み、ジョーカーにバットマンの始末を依頼することになる…
この謎の凶悪犯罪者ジョーカーによって街はふたたび混乱に包まれていくのであった。

Advertisement

感想

ダークナイトトリロジー2作目。
2作目にして最高傑作の誉も高いこの『ダークナイト』ですが、何より特筆すべきはやはりジョーカー役のヒース・レジャーでしょう。もう存在感がヤバいです際立ってます。最初に見た時に、何?コイツやべーぞ!というかこの人、こういう人なのか?っていうくらいに役へののめり込み度が窺えます。しかも50歳くらいなのかな?と思ったら撮影当時28歳というから驚きです。
これからという時に亡くなり、大変残念ではありますが、圧倒的存在感がこの映画の大きな見どころとなっています。なんせジョーカーがどんな無茶なことをやらかしても、ジョーカーだから仕方ないかと思えるほど。
どんな無茶な展開でも、ジョーカーそのものが説得材料となり得るほどの説得力を持ち合わせているのです。

そこで気づいてしまったのですが、このダークナイト・トリロジーのバットマンは、脇を固める癖のある名優たちによって引き立てられているということ。それはアルフレッド役のマイケル・ケイン、ゴードン役のゲイリー・オールドマン、フォックス社長のモーガン・フリーマン然り。もちろん各タイトルのヴィランも然りなのですが。

個人的に「ん?どういうこと?」と思ったのは、ジョーカーがデントとレイチェルを捕らえて、別々の場所に監禁して、バットマンにそれぞれの監禁場所を教える、
バットマンはレイチェルを助けに行き、警察にデントを託す、というシーンがあるのですが、バットマンがレイチェルの監禁場所に着くと、そこにはレイチェルではなくデントが居る…というシーン。
最初は「あれ?なんでデントが居るの?」と思ったけど、ジョーカーなら居場所を逆に言うこともありそうだなと。
普通なら混乱させるために逆に言ったぜー的な説明がありそうだけど、そんな説明じみたシーンはないです。ジョーカーがジョーカーであることが何よりの説明となり得るのだと思います。

あと、カーチェイスアクションはなかなか臨場感があり、興奮させられました。
ジョーカーの乗ったトレーラーが縦に回転するシーンがすごい、バットポットの動きと音が気持ちいい!
撮影にIMAXカメラというのを初めてカーアクションなどに使用した映画なのだとか。しかも当時世界に4台しかなかったのを撮影中に車が突っ込んで壊してしまったとかw(1台50万ドルもするらしい)

カーアクションじゃないけど、病院を爆破するシーンも迫力がすごいです。
それもそのはずで、このシーンCGではなく、実際に建物を爆破してるそうな。しかも爆発の際にどう崩れるかというシミュレーションをして建物を建ててるという…お金かけすぎだろと思うw

レイチェルがケイティ・ホームズじゃなくなったのが個人的には残念。ケイティ・ホームズのほうが幼馴染の世話焼きの女の子っていう感じがします。。。

 

ダークナイト(2枚組) [Blu-ray]
  • ワーナーホームビデオ
  • 価格   ¥ 962 ¥ 2,571
  • 販売者 Amazon.co.jp

私的評価:★★★★

Advertisement

イラストについて

やっぱジョーカー描かないといけないでしょ!ってことでジョーカーとバットマンの2ショットです。
背景は前回の『バットマン ビギンズ』のイラストと同じ処理でアメコミっぽく仕上げております。色合いのせいか思いのほか明るくポップになってしまい、後から『ダークナイト』らしく少しダークにしたためジョーカーの顔がグレーに…汗
こうして見ると二人とも悪者っぽい。。まぁ、最終的にバットマンは悪者扱いの闇の騎士なので、それもアリかと。

↓よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 イラストブログ ポップイラストへ
にほんブログ村
 

映画カテゴリの最新記事